WATAGATA info 福岡プサンアートネットワーク 왔다갔다

WATAGATA Arts Network since 2010

WATAGATA2013始動! 山内光枝個展+トーク開催 (3/4更新)

★本記事へのリンク http://wp.me/p1l9wL-7A 短縮URLをご利用ください

==============================

2013/3/4 追記
3/3トーク記録
Ustreamアーカイブ http://www.ustream.tv/recorded/29693464
ツイートまとめ http://togetter.com/li/465942

山内光枝トークなう。

スクリーンショット 2013-03-04 12.15.06
==============================

WATAGATA、ことしは個展とトークからスタートします! 要望が多く寄せられた山内作品の公開と、この作品に関するトークを紺屋2023で開催します。
よろしくお願いします。

2/13追記
公開制作 2/25-27の間には、作品制作風景を公開するだけではなく、2011年に福岡アジア美術館で上映した映像を会場で流します。

==============================

(2013.2.13ver)

展覧会タイトル
WATAGATA2013:展覧会とディスカッション その1
山内光枝 個展&トーク「嗚呼 – 海の女と水脈をめぐる旅」
YAMAUCHI TERUE: solo exhibition and talk [WATAGATA 2013, 1st session]

会期
2013年2月25日(月)〜3月3日(日)13時〜20時
2/25〜27公開制作 2/28〜3/3作品展示
入場無料

イベント
3/3(日)17時〜19時 作品をめぐるアーティストトーク
海女のおばちゃん達との出会い、今までとこれからのはなし
※カンパ 500円

会場
konya-gallery
福岡市中央区大名1-14-28 紺屋2023 2F

趣旨・内容
福岡とプサンの芸術家交流事業として2010年よりスタートした「WATAGATA(福岡プサンアートネットワーク)」では、年に1回のアーツフェスティバルを開催。2011年は福岡、2012年はプサンで開催した。

福岡やプサンの若手作家、のべ数十名が出品するなか、福岡・対馬・プサン・済州島という、海峡を挟んで潜水漁を生業とする女性に注目した作品を制作したの が、山内光枝(やまうち・てるえ)である。2年以上にわたり、各地の海女浦を訪ね、その際撮影した映像をもとにインスタレーション作品を制作、発表し、現 在もシリーズで制作が進行中である。

2011年と2012年の発表時にも評価が高く、福岡でまとめて展示をおこなってほしい、海女を巡る話題もトークとして詳しく聞きたいという要望が、WATAGATA事務局へ多く寄せられ、今回の展覧会開催につながった。

WATAGATAの活動は、3年目に入ったが、歴史的文化的背景に関するディスカションが必要であり、2013年は、この山内展を機に、福岡とプサンの相互理解への勉強会や展覧会をシリーズで開催していく予定である。

主催
WATAGATA福岡プサンネットワーク福岡事務局(ART BASE 88)
※連絡先 電話fax 092-986-4888 email watagatainfo@gmail.com
(担当:宮本)

協力
紺屋2023(トラベルフロント)

<アーティストプロフィール>
山内 光枝・やまうち てるえ
1982年福岡生・在住

http://terueyamauchi.blogspot.com

2002年 – 文際アートカレッジ (東京)  スタンダードコース修了
2003年 – キングストン大学 (英国) ファウンデーションコース修了
2006年 – ゴールドスミスカレッジ / ロンドン大学 (英国)  BAファインアート卒業

個展
2006年「Terue Yamauchi Solo Exhibition」The Toilet Gallery, ロンドン
2007年「今という生地(ホーム)
」art space tetra、福岡
2008年「地層」art space tetra、福岡
2009年「波図」M.C.APERTO、福岡
2010年「せかいの残り香」共同アトリエ・3号倉庫、福岡
2012年「ワタのもり」Gallery 58、東京
2012年「ムルテ」mujikobo、横浜
2012年「ワタのもり」ギャラリーとわーる、福岡

グループ展 / プロジェクト
2004年「300 show」スタジオ300、ゴールドスミスカレッジ、ロンドン
2005年「Far Call」THE CRYPT、セントパンクラス教会地下聖堂、ロンドン
2006年「BA Fine Art DEGREE SHOW 2006」ゴールドスミスカレッジ、ロンドン
2007年「ながさき8・9」長崎県立美術館、長崎
2008年「波間」かのごしまメイキング、能古島、福岡
2009年「ゆくときくるとき」フェリーみしま/としま、時の芸術祭 in 種子島―鹿児島
2009年「カンガルー日和」モマ・コンテンポラリー、福岡
2009-10年「ANONYMOUS DRAWINGS No.10」クンスラーハウス ベタニエン、ベルリン
2009-10年「Sowing Seeds」Khas Bauge, ジョードプル、インド
2010年「ブース・エキシビジョン 2010」共同アトリエ・3号倉庫、福岡
2010年「Summer Open 2010」BankART Studio NYK、横浜
2010年「国際アートトリエンナーレ」大阪芸術大学・芸術情報センター、大阪
2010年「BFE Exhibition」ARTinNATURE、釜山、韓国
2010年「ANONYMOUS DRAWINGS / Archive」Uferhallen, ベルリン
2010年「Almanac 9“depositors meeting 8”」art & river bank、東京
2010年「ろうそくのぺえいじ」交流ギャラリー、福岡アジア美術館、福岡
2011年「first decade」共同アトリエ・3号倉庫、福岡
2011年「九州アートゲート – Art Lounge」JR博多シティ、福岡 (Jeffrey TY Leeとの共同出展)
2011年「音のいくみち、かえるみち」羽山の森美術館、福島
(ヤノウマリとの共同プロジェクト)
2011年「Communicus–WATAGATA Arts Festival」福岡アジア美術館、福岡
2011年「THE LONDON ART BOOK FAIR」ホワイトチャペルアートギャラリー、ロンドン
(Jeffrey TY Leeとの共同出品)
2011年「PULSE Contemporary Art Fair」マイアミ
(Jeffrey TY Leeとの共同出品)
2011年「Almanac 10“depositors meeting 9”」art & river bank、東京
2011年「いまここに在るということ / 現在我在這裡的意思」九州大学AQAプロジェクト、ギャラリーアートリエ、福岡
2012年「VOCA 2012」上野の森美術館、東京
2012年「GARDEN 写真→映像」名ヶ山アジア写真映像館周辺、越後妻有、新潟
2012年「NET-CO」WATAGATA ARTS FESTIVAL2012、釜山
2012年「Almanac 11“depositors meeting 10”」art & river bank、東京

アーティスト イン レジデンス
2009年  International Artist Village Camp, SAR Village, ジョードプル、インド
2010年  共同アトリエ・3号倉庫、福岡
2010年  Artist in Residence 2010、 BankART studio NYK、横浜
2012年 WATAGATA ARTS FESTIVAL2012 レジデンスプログラム、釜山、韓国

受賞
2010年 審査員特別賞、世紀のダヴィンチを探せ・国際アートトリエンナーレ、大阪

<参考写真>
福岡アジア美術館での2011年の展示(モニター)
海女の写真[2点]
プサンでの2012年の展示(プロジェクション)
映像作品の静止画像

ImageImageImageImageImage

広告

情報

投稿日: 2013年1月21日 投稿者: カテゴリー: exhibition info, news, talk event タグ: , , ,

ナビゲーション