WATAGATA info 福岡プサンアートネットワーク 왔다갔다

WATAGATA Arts Network since 2010

メモ:釜山ビエンナーレのテーマ決定 2014/3/4付

Google翻訳です

http://www.unionpress.co.kr/
전시Art&Design
2014 부산비엔날레 주제 확정 ‘예술의 역할은 무엇인가’?
2014釜山ビエンナーレのテーマ確定「芸術の役割は何なのか」?
http://www.unionpress.co.kr/news/articleView.html?idxno=244661

今年の釜山ビエンナーレは芸術の役割を問う省察の場となる見通しである。

釜山ビエンナーレ組織委員会は、来る9月20日から開催される2014釜山ビエンナーレは「世界の中に存在する」をテーマに開催される発表した。

釜山市立美術館で開催されるこの展覧会は、オリビエ·キャプラン展示監督が企画した。 「世界の中に存在する」を主制御に掲げた食料プラン監督は、不安定な世界の中で芸術の機能と役割は何なのかを提示する。

キャバプラン監督は「多くの専門家たちが社会的な問題に対する解決策を提示するが、それよりは、芸術家たちがより良い未来のための効果的な視野を持っている」とし、 「「世界の中に存在する」という能動的な態度であり、生命力の表示であり、これらのエネルギーは釜山という都市の特徴と非常に似ている」と述べた。

本展示で開かれる特別展は、 展と展で構成されている。

釜山文化会館大田室中栓シチリア島で開かれる展示は、それはあなたが前に「月刊美術」編集長が企画を担当した。韓国が初の国際ビエンナーレに参加した1961年にパリ青年ビエンナーレから最近までの歴史を時代別にまとめてアーカイブ形式で見せる予定だ。

展は、アジアの主要都市の若いプランナーが共同で推進する。アジアの主要ビエンナーレからの推薦を受けた5人内外の若手キュレーターが実験的な作品を披露する。釜山ビエンナーレの関係者は「若手キュレーターを推薦される過程で、今月末までに主催者を確定する」と述べた。

2014釜山ビエンナーレは、来る9月20日から11月22日まで釜山市立美術館と釜山文化会館などで開催される。

広告

情報

投稿日: 2014年3月5日 投稿者: カテゴリー: busan art, busan biennale

ナビゲーション